FC2ブログ
ネイルはお休み<OLの税理士受験記>
OLしながら税理士の資格が取れるまでを書きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プレッシャー(^_^;)
まだ義理の両親となる彼の両親には会っていないのですが、彼が電話で私の事を色々と話したそうです。

仕事の事や今税理士の学校に通っていることなど。

彼のお父様は仕事とは別に不動産に興味があるようで、最近宅建の試験に合格しました。

とても努力家な方で勉強家でもあります。

私がOLしながら税理士の資格を取ることを話すと、
「5年もあればとれるだろう。」
と言っていたそうです。

当初の予定は私も1年に1科目合格して5年で税理士になれるかも??と、思っていました。

でも、人生って何が起こるか本当に分かりません。

私の結婚もイキナリ急に決まりました。

予想していなかった結婚。

一生に一度の結婚。(の予定)

憧れだった結婚なので、どうしても力が入ります。

勉強の時間を割いて結婚の準備をしている毎日です。

勉強の方が手薄でミニテストの結果ですらあまり良くない日々です。

こんな勉強の手を抜いてしまっている私ですが、簿記論に不合格だった時に嫁として義理のお父様に顔向け出来なくなるようにはなりたくないです!!

このプレッシャーが良い原動力になるように、引越しが終わったら少し勉強に力を入れようと思います!
スポンサーサイト
連結
私の会社は子会社です。

親会社をはじめ、グループ会社の連結決算の為に各残高の入力をし、照合しなければなりません。

この担当も引き継ぎましたが、引継ぎと言っても前月の資料と入力画面を説明されただけで、あとは自力での作業となりそうです。

連結って、自社は売掛金でも相手会社は買掛金ではなく経費で計上されてたり、未払金にすら計上されていなかったり、探し出すのも大変です。

グループ会社の殆どが3月決算なのに、自社だけ12月決算だったりします。

この12月決算は私は年末と決算が一緒に忙しさが過ぎていくので好きなのですが、来年辺りに3月決算にするような計画のようです。

そうなると来年(今年)は12月に決算を一度し、3ヵ月後の3月にもう一度決算をするみたいです。

来年は大変な年になりそうです・・・。
嬉しい悩み
最近は学校には何とか通えているけど、家で勉強が全く出来ません

と、いうのも・・・結婚に向けて引越しや式場選びや準備で忙しく全く勉強が出来ない状態です。

結婚は一生に一度だし、憧れでしたのでどうしても力が入ってしまいます。

これは勉強しない言い訳の一つですよね。

分かってはいるんです!

でも、結婚の準備優先の生活になってしまいます。

今日は・・・言い訳ブログです
簿記への興味
経理の仕事を始めてから簿記を知りました。

それまでは経理って簿記を知らないと出来ないなんて考えていなかったし、いまどきパソコンさえあれば何でも出来るものだと思っていました。

確かに会計ソフトがあれば簡単な仕訳は誰でも出来ます。

毎月同じような仕訳なら誰でも入力できると思うんです。

でも、簿記の勉強をしていないとイレギュラーの取引が発生したとたんに仕訳の入力と物の流れが分からなくなりやすいようです。


私の隣の席の方は簿記への興味が無いせいか、経理に移動してきて3年経ってもあまり理解していないようで、毎回手取り足取り教えています。

興味が無い人にとって簿記は面倒で特殊な仕事ですしね。

販売管理ソフトへの入力は、物が入ってきたら仕入を入力して、物が売れたら(出たら)売上を入力してと、頭の中で理解しやすいです。

でも、複式簿記はどうして左右に科目を入れると物が入って出て行くのかとか、資産と費用が何がなんだか・・・のようになってくるようです。

興味が無いと覚える気が出てこないのでショウガナイって言ってしまったらそれまでなのですが、他人の仕事へのモチベーションまでは関与出来ないので毎回教えています。

覚えると面白いのですけどね
実力テスト
初めての実力テストの答案が返却されました。

テスト前はとても忙しくて勉強をしないで受けました。

テストの結果が今の本当の実力になる訳なので、もし間違った所があれば、そこを重点的に勉強しようと思いました。

結果、67/75点でした。

4箇所間違いました。

翌日補給の小口現金勘定の残高と、貸借逆を直す仕訳と、戻り商品がある繰越商品の後T/Bの金額を間違えました。

どれもよ~く考えれば分かるのに・・・と言うような間違いだったので残念です。

順位は158/446位です。

満点を取らないと上位1割に入れないので次回は満点目指して頑張ります
てしじぼ
有形固定資産の買換の仕訳です。

て ・定価
し ・下取価格
じ ・時価(適正価格)
ぼ ・旧資産の売却時の簿価

上記のそれぞれに金額を埋めて、差額を出し、仕訳をすると分かりやすいそうです。

仕事をしていて、この「てしじぼ」が思い出せなくてずーっと考えていました。

「てし・・」までは定価と下取価格と分かっても「・・じぼ」が出てこなくて

帰宅してテキストを読み返したら「あっ!そうだった! じぼ だった!」と思い出しました。

今までやっていない覚え方を教わると、それを思い出すのに時間が掛かるので良いのか、悪いのか・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。