FC2ブログ
ネイルはお休み<OLの税理士受験記>
OLしながら税理士の資格が取れるまでを書きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
114回簿記検定試験合格発表
11月に受けた日商簿記1級合格発表が昨日ありました。

都内在住ですが、さいたま商工会議所管轄で受験しました。

さいたまはTAC大宮校で申し込むと、そのまま試験会場がTAC大宮校になるのでわざわざ大宮まで行って申し込みをしました。

ちなみに東京は試験会場が選べないので、以前受験したときは中央大学でした。

この時は机の狭さと椅子の硬さ、お手洗いの少なさ(休憩時間に対する受験者の多さ)で散々でした。

その点、少し距離はありますが大宮校での受験は会場の雰囲気が分かるのと、机や椅子が慣れているので楽でした。

114回1級の合格率は3.5%と近年稀に見る低さ(例年は約10%)で、さいたま商工会議所管轄では15名だけでした。

3.5%で・・・約430名受験して合格したのは15名・・・少なすぎです・・・。

私はこの15名に入ることは残念ながら出来ませんでした(>_<)

出題の意図もHPにありました。
「1級の出題内容も出題範囲も変更され、これまで出されていた問題も形式を変えて出題されます。したがって従来のように、過去問を中心としたパターン化した学習では、合格点をとることはできません。」
さらに、
「過去問に縛られることのない学習が期待されます。」のような事が書いてありました。

形式を変えすぎなんじゃないかと思われるような問題ばかりで、な~んか受けてみてがっかりする出題でした・・・。



終わったことは後悔しないで、1級の勉強とはさよならして税理士の簿記論をがんばります0(^o^)0
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
簿記3級の合格率に関する情報です。
2007/03/09(金) 14:11:00 | 簿記3級@試験
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。