FC2ブログ
ネイルはお休み<OLの税理士受験記>
OLしながら税理士の資格が取れるまでを書きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
領収証
支払手形で支払うと領収書を受け取ります。

領収書の大きさや書式は会社によってさまざまで面白いです。

一番大きなものはA4サイズのものがありましたし、

小さなものは名刺よりやや大きいくらいでした。

用紙の厚さもさまざまで、薄い複写式の紙のところもあれば

折が入っているような厚手でうすピンクの紙のところもありました。


我社は50万以上は手形にしているので必ず印紙が張られます。

印紙は金額に応じて金額が決まっていますが、

きっちり細かく何枚かに分けて書いてくる会社もあれば、

大雑把に大きな金額の印紙を貼ってくる会社もあります。

たとえば¥15,760,000だった場合、

細かい人は

¥10,000,000で印紙2,000円
 ¥5,000,000で印紙1,000円
   ¥760,000で印紙  200円

領収証3枚に分けて合計3,200円の印紙です。


大雑把な人は

¥15,760,000で印紙4,000円

領収証1枚で合計4,000円の印紙です。


印紙だけで800円の差になりますが、

領収証の用紙を2枚多く書く事の手間や費用を考えても

分けた方がいいような気がします。


領収証を発行する人の性格が出るのかも知れませんね。


ちなみに私も以前は領収証を発行する担当だったことがありますが、

分けて書く派でした。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。